ラーテルとは?最強動物と言われる理由!天敵はいない?

危険な哺乳類

「強い動物」と言えば何でしょうか。ライオン、ヒグマ、ゾウなどが思い浮かぶと思います。

実はギネスには「世界一怖いもの知らずの動物」が登録されています。その名もラーテル

ラーテルは相手がライオンであろうとハイエナであろうと襲いかかるほど、怖いもの知らずで気性が荒いです。

今回は、そんなラーテルが最強動物と言われる理由と、その天敵についてご紹介していきます。

ラーテルの基本情報

ラーテルの写真出典画像:Wikipedia

  • 学名:Mellivora capensis
  • 分類:食肉目イタチ科ラーテル属
  • 分布:中央アジア・西アジア・アフリカ大陸
  • 体長:60~77cm
  • 体重:7~13kg

見た目は全体的に黒い体毛で覆われ、背中の毛だけが灰色で、白い縁取りがあります。

種族としてはイタチやアナグマに近い動物です。

主に乾燥地帯に生息し、主に夜に狩を行いますが、昼にも行動することがあります。

前足のかぎ爪が発達しており、これを使って木登りをしたり、穴を掘ったりします。食性は主に雑食で、自分よりも小型の動物で目につくものは何でも捕食しようとします。

好物はハチミツで、学名の「Mellivora」は「ハチミツを貪る」を意味します。

このハチミツを獲る際は「ノドグロミツオシエ」という鳥と協力関係にあります。

このノドグロミツオシエは名前の「蜜教え」のとおりに、蜂の巣を見つけると甲高く鳴き声を出しながらラーテルの周りを旋回し、蜂の巣を見つけたことを教え、巣の場所まで先導します。

そのおかげでラーテルは蜂の巣を発見することができ、襲撃してハチミツを貪り食べます。

そして、ノドグロミツオシエはその残骸からハチミツをいただくのです。



ラーテルは地上最強生物!?その生態をご紹介

「地上最強の動物は?」という質問に対して、多くの人は百獣の王・ライオンをあげると思います。

ところが、専門家の中には「ラーテル」をあげる人もいます。それはラーテルの持つ「頑丈な皮膚」とギネスが認める「世界一怖いもの知らずの動物」だからです。

では、ラーテルの強さとはどの程度のものなのか。一つずつご紹介して行こうと思います。

ラーテルの皮膚はワニも手こずる!?

まずラーテルの強さの大部分はその皮膚の硬さと弾力性にあります。

ラーテルの皮膚は分厚く、そして柔軟性に富んでいます。

特に背中の灰色の毛の部分の皮膚はとても厚く硬いです。

また、ただ硬いだけでなく、ゴムのようにグニグニと弾力性もあります。

なので、嚙みつこうが引っ掻こうが、硬く、そして食い込む程度で内部にダメージすら与えられないので、ライオンですら傷をつけることができないとも言われています。

ラーテルの皮膚の丈夫さはあのワニすらも手こずるほどです。

南アフリカはクルーガー国立公園で、ワニに襲われているラーテルが目撃されました。

ワニはラーテルをくわえたまま首を振り乱し、その肉を食いちぎろうとしていました。

いわゆる「デス・ロール」と呼ばれる行為で、ワニが本気で敵を食いちぎろうとしている時に行う行動です。

ところがそんなワニの奮闘はなんと1時間も続きました。

結局はラーテルも生き絶えて、ワニに食べられてしまいましたが、ワニを1時間も手こずらせたことは、その皮膚の頑丈さを物語っています。


ラーテルはギネスも認める「怖いもの知らず」

ラーテルはギネスブックに「世界一怖いもの知らずの動物」として登録されています。

ラーテルは自分の縄張りに入ってきたものが誰であろうと攻撃するほど気性が荒く、ライオンであろうとハイエナであろうと襲いかかります。

これほど大胆な行動に出れるのは、背中に頑丈な皮膚のアーマーがあることがそうさせていると言えますが、実はそれだけではありません。

ラーテルは猛毒に対する耐性があります。

ラーテルは猛毒を持つコブラすら捕食してしまいます。当然噛み付かれてしまいますが、人間なら死んでしまうところを、ラーテルは数時間気絶するぐらいで、その後は何事もなかったように動き回ります。

また、スカンクのような「激臭オナラ攻撃」ができます。

嗅覚の鋭い肉食動物なんかはひとたまりもありません。

このように頑丈な皮膚・猛毒への耐性・オナラ攻撃によって、相手が猛獣であろうとなんであろうと攻撃を仕掛けてくるのです。

まさに「世界一怖いもの知らずの動物(The most fearless animal)」なのです。

ラーテルはライオンも襲う!唯一の天敵とは?

では、ラーテルには天敵がいないのでしょうか?

実はラーテルの天敵はライオンやハイエナ、ワニ、ジャッカルなどの自分よりも大きな肉食獣です。

先ほどラーテルが攻撃を仕掛ける対象にライオンやハイエナがいましたが、実はラーテルは天敵であろうと攻撃を仕掛けていたのです。

そして、ラーテルにも弱点があります。それはお腹です。お腹の皮膚は比較的薄く、お腹を攻撃されてしまうとあっという間にやられてしまいます。

ライオンが複数で襲ったり、多勢に無勢な状況では流石のラーテルもお手上げのようです。

ラーテルのまとめ

ラーテルはギネスも認める世界一怖いもの知らずの動物です。

頑丈な皮膚、毒耐性やオナラ攻撃、そして気性の荒さはラーテルの行動を大胆にし、たとえ天敵であろうと自分から攻撃を仕掛けるほどです。

相手が人間であろうと猛然と襲いかかってくるので、なるべく出会わないようにしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事