ライオンvsゾウ!どっちが強い!?

危険生物の最強対決

一番強い動物は何だろうか?」よく耳にする質問ですが、その候補として必ずあがるのが、「百獣の王ライオン」と「最大の陸上生物ゾウ」ですね。

共に強さの象徴として登場する動物ですが、実際にこの2種が戦ったらどっちが強いのか。

これは多くの動物ファンが興味を持つ話題かも知れませんね。

今回は、この2種の対決を掘り下げてみたいと思います。

題して「ライオンvsゾウ!どっちが強い!?」果たして軍配はどちらに上がるのでしょうか。

因みに、象は最大種となるアフリカゾウで検証します。



ライオン

「ライオン基本 データ」

ライオンの写真

出典画像:Wikipedia

  • 分 類  食肉目 ネコ科 ヒョウ属
  • 学 名   Panthera leo
  • 和 名  ライオン
  • 英 名   Lion
  • 体 長   170~250センチメートル程度(雄)
  • 体 重   150~225キログラム程度(雄)
  • 尾 長   90~105センチメートル程度(雄)
  • 分布域   サハラ砂漠以南のアフリカ大陸

ライオンの特徴

ライオンは、ネコ科動物ではトラに次いで大きい種となります。

鋭い爪と牙が最大の武器で、サバンナでは生態系の頂点に君臨する百獣の王です。

速く走ることが出来、泳ぎも得意と身体能力は非常に高いものを持っています。また、強力なパワーに500キロとなる驚異的な顎の力を兼ね備えています。

出典画像:Wikipedia

肉食動物に必要な全てを備えた最強のハンターで、サバンナでは間違いなく最大で最強の肉食獣となります。

 

ゾウ(アフリカゾウ)

「アフリカゾウ基本 データ」

ゾウの写真

出典画像:Wikipedia

  • 分 類  長鼻目 ゾウ科 アフリカゾウ属
  • 学 名   Loxodonta africana
  • 和 名  アフリカゾウ
  • 英 名   African elephant
  • 体 長   600~750センチメートル程度(雄)
  • 体 重   6~10トン程度(雄)
  • 尾 長   100~130センチメートル程度(雄)
  • 分布域   サハラ砂漠以南のアフリカ大陸

アフリカゾウの特徴

アフリカゾウは、最大の陸上動物です。

武器となるのはアフリカゾウそのもの、体格パワーその全てが桁外れ規格外の破壊力を誇ります。

ゾウの写真

出典画像:Wikipedia

鋭い牙もありますが、踏みつけられただけでもまたは器用に動く鼻ではたかれただけでも、相手には相当のダメージを与えることが出来るでしょう。

例え獰猛なライオンでも、このアフリカゾウに近付くことさえ至難の業かも知れません。


「ライオンvsゾウ」勝つのはどっちだ。

さて、それでは「ライオンvsゾウ」のシミュレーションをしてみましょう。

ただ、実際この2種は共にアフリカサバンナと生息域も同じで、しばしば衝突をしているのです。

殆どの場合には、戦いに発展することは少ないのですが、中には壮絶な死闘へと展開することもあるようです。

それらを基に様々なシチュエーションで考えてみます。

「ライオンvsゾウ」成獣の1対1の戦いの場合

まずは、ライオンとゾウそれぞれの成獣の雄が単体つまり1対1で戦った場合はどうでしょうか。

この場合は、ゾウの圧勝になります。

ゾウの写真

出典画像:Wikipedia

素早く動く獰猛なライオンですが、ゾウとの決定的な体格差はどうにも埋めることは出来ないでしょう。

ライオンは500キロとも言われる咬む力に鋭い牙、そして鋭い爪を武器にゾウに襲い掛かろうとしますが、ゾウには近付くことが出来ません

例え近付いたとしても、届くのはゾウの肢ですね。

これだけでは分厚い皮膚に守られるゾウに、決定的なダメージを与えることは出来ません。

そうこうしている間に、ゾウに踏みつぶされて終了となってしまいます。

最大体重10トンにもおよぶゾウの踏みつけで、ライオンはもはや戦うことは出来なくなってしまいます。

「ライオンvsゾウ」群れ対群れの場合

続いて、ライオンとゾウがそれぞれ群れの場合はどうでしょうか。

こうなると、普段から群れで活動するライオンはチームプレーで上回り、勝機も見出せそうですね。

しかし、今回はお互いに戦うつもり満々で挑むことを想定しています。

1頭のゾウを狙い撃ちにしても他のゾウの援護があれば、ライオンのチームプレーも功を奏することが出来ないでしょう。

ゾウの写真

出典画像:Wikipedia

攻撃をしている間に他のゾウの踏みつけ攻撃を喰らってしまえば、それで終わってしまいます。

「ライオンvsゾウ」群れ対群れの場合でも、ライオンの勝利は見込めないでしょう。

「ライオンvsゾウ」群れのライオン対1頭のゾウの場合

「ライオンvsゾウ」の戦いですが、ここまで百獣の王ライオンも陸上動物最大のアフリカゾウの前では、まるで子供扱い勝機を見出すことすら出来ません。

それでは、1頭のゾウに対して群れのライオンであればどうでしょう。

少々ずるい気がしますが、実はこのパターンは実際のアフリカでも起こっていて時としてライオンがゾウを倒すことに成功しているのです。

1頭のアフリカゾウと同等の戦力となるには雄の成獣ライオンが25頭必要とする説もあります。

しかし、これは戦力的な分析であって、戦うとなるとそこまでは必要ないかも知れません。

ライオンの写真

出典画像:Wikipedia

詳細は次項のライオンの狩りでご紹介しますが、この「ライオンvsゾウ」において1頭のゾウに10頭程度のライオンがいればライオンの勝利が見えてきます。

しかし、それでもライオン側にも相当な犠牲が生じる覚悟が必要でしょう。


ライオンの狩り

アフリカのライオンの場合には、獲物を限定して狙う群れ(プライド)の存在があります。

例えば、リニヤンティ(Linyanti)では、カバを専門に狙うライオンのプライドがありますし、少し西にずれればバッファローを専門に狙うプライドがあります。

ライオンの写真

出典画像:Wikipedia

何故、危険な相手を獲物として狙うのか、それはライバルがいないからですね。

これら大きな獲物はライオンにしか倒すことが出来ません

ハイエナやチーター、ヒョウなど他の肉食動物ではなかなか倒すことが出来ないのです。

そして、なんとゾウを獲物にするプライドも存在するのです。

場所はサウディ(Savuti)で、その多くは子供のゾウや弱ったゾウなどですが、成獣のゾウも対象となるようです。

ゾウの写真

出典画像:Wikipedia

1頭を孤立させ、集団で襲い掛かり仕留めるというのです。

実はこれ、ライオンがゾウの仕留め方を学習していき効率的にゾウを仕留めることが出来るようになっているようなのです。

驚くことに、アフリカでは、ゾウを殺すことが出来るのは人間とライオンだけとされています。

このゾウを専門に狙うプライドの雄が集まれば、もう少し少ない数でも雄のアフリカゾウを倒すことが出来るかもしれません。

 

まとめ

今回、「ライオンvsゾウ」の戦いを考えてみました。

やはり、ゾウは最大かつ最強の陸上動物でありますね。

例え、相手が百獣の王ライオンであってもその牙城を崩すことは出来ないようです。

しかし、これがプライドと言う群れを形成するライオンならではの戦い方になれば、ライオンがゾウを倒すことも可能になるようです。

実際に、ゾウを相手に狩りをするライオンのプライドも存在するのですね。

個々のポテンシャルでは圧倒的にゾウが勝っています。

1対1であれば、現代の陸上生物ではこのゾウを倒すことは不可能でしょう。

しかし、厳しい自然界においては、ルールなどありません。

百獣の王ライオンがゾウを倒し、その威厳を示す場合もあるようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事