ライオンとトラどっちが強い?実は交配でできるライガーが最強説!

危険生物の最強対決

百獣の王のライオンと最大のネコ科のトラ、どちらも猛獣として有名ですよね。では、「ライオンとトラはどっちが強いか」について答えるのは少々難しいと思います。今回はその難題の答えにある程度迫るべく、両種の生態をご紹介していきます。また、両種のハイブリット種であるライガーについてもご紹介しようと思います。

ライオンの生態

ライオンの写真出典画像:Wikipedia

  • 学名:Panthera leo
  • 分類:ネコ科ヒョウ属
  • 分布:アフリカ大陸・インド北西部
  • 体長/体重170~250cm/150kg~220kg

ライオンはネコ科で2番目の大きさの種類で、大きいものでは250kgにもなります。運動能力としては本気で走った場合60km/hほどの速さで走ることができます。ライオンの特徴とも言える「たてがみ」はオスのみに存在し、首回りの急所を守る役割があると言われています。



百獣の王は戦いの日々

ライオンは20頭ほどの群れで行動し、オスがリーダーを努めます。では、リーダーの代替わりはどのように行われるのでしょうか。

まず、群れの中でオスの子ライオンが成熟すると、群を出ます。その後、しばらくは若いオスライオンで小さなグループを形成し、自分たちで狩りをしつつ、自分がリーダーになれる群を探し、その群れのリーダーと戦います。この戦いで相手のオスを敗走させたオスが新たなリーダーになります。

そのため、群れのリーダーのオスは常に若いオスとの戦いの標的にされるため、同種族間での戦いに関しては慣れていると言えます。

トラの生態

トラの写真出典画像:Wikipedia

  • 学名:Panthera tigris
  • 分類:ネコ科ヒョウ属
  • 分布:東アジア〜南アジア、ロシア極東部
  • 体長/体重:140~280cm/100kg~300kg

トラはネコ目のなかで最大の種類になり、特徴的な縞模様は種類によって縞の本数や幅が異なっています。現在、トラは乱獲や環境変化によってその数を減らし、8種類のトラのうち3種類が絶滅している状況です。

トラは狩の名手

トラは主に単独行動をし、自ら狩りを行います。狩をする場はマーキングをした範囲内であり、その行動範囲は広く、数十平方キロメートルにも及びます。狩のスタイルとしては的に忍び寄り、首元に噛みつき首の骨を折る、もしくは窒息させます。この忍び寄る範囲が20m程度だと狩りが成功しやすいと言われています。狩の標的にはゾウも含まれることがあります。また、運動能力にも長けており、8m以上跳躍することがあります。


ライオンとトラ、どっちが強い?

百獣の王とネコ類最大種だとどちらが強いのか。実際にこの2種族を戦わせることは困難です。なので、生態的な観点からどちらが強いのかをこの章では推察していきます。

戦い慣れしているライオンと狩の名手のトラ


まず体格面で言えばトラに軍配が上がります。体重差はこの比較に大きく影響を及ぼし、体格に優れている方が有利と考えられます。

では次に戦闘能力に関して比較してみます。まずライオンは同種間での戦いに慣れており、首元はたてがみである程度ガードされている点は重要です。一方トラは同種間の争いはライオンよりも壮絶で、命の取り合いになることもあります。この点もやはり、ライオンの戦闘が「威圧・圧倒」が目的であるのに対してトラの戦闘が時として相手の「殺害」に終結する点から、戦闘における殺傷能力はトラの方が上だと考えられます。

以上のことから、両者が戦った場合、トラに軍配が上がると推察できます。

ライオンとトラの交配種〜ライガー〜

では、ネコ目の中のトップ2が掛け合わされたらどうなるのでしょうか。ライオンを父に、トラを母に持つハイブリット種が存在します。名前を「ライガー」と呼びます。この章ではライガーの生態についてご紹介していきたいと思います。

ライガー(Liger)の生態:両親との違い

ライガーの写真出典画像:Wikipedia

  • 学名:Panthera leo × Panthera tigris
  • 分類:ネコ科ヒョウ属
  • 体長/体重:300~350cm/400kg

ライオンとトラの人工交配によって誕生したのが、ハイブリット種であるライガーです。

ライガーは個体差はあるものの、大型化する傾向があります。成体になると親の両種の大きさを超え、体長350cm、体重400kgに達する個体が確認されています。

主に研究機関で人間によって飼育されているのみなので、獰猛か温厚かについては判断ができない状態です。また、人工交配によって誕生するので、その絶対数が少なく、生態は謎が多いです。さらに先天的に発育不全や癌などの病気を併せ持っていることがあるため、成体まで成長する個体が少ないです。

強いかどうかは判断できませんが、体格に関して言えば間違いなく両親以上のものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ネコ界のトップ同士を戦わせたらというロマンある内容でした。またライガーについては人間が生み出してしまった新たな種としてご紹介しました。いずれにせよ、野生での遭遇は避けたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事